【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

😗 実はカエルのだし汁が入っててな」 ブーーーッ 提督「………というのは冗談だ」 一同「…………………」 提督「…………………」 曙「…………こ…」プルプル 曙「このクソ提督ーーーーっっ!!!一発殴られなさいよ!!」クワッ 潮「あ、曙ちゃん…!暴れないで~!」 朧「ビックリした…」 漣「ほらほら落ち着いて、冗談だったんだから」 提督「すまんすまん、落ち着いてくれ曙。 倒れるぞ」 曙「じゃあ着替えたーい。 シャワー浴びても跳ねてるわよ」 提督「昔からだ」 曙「……んー、こんなもんでいいでしょ。

」 曙「ラストスパートね、がんばりましょ」 「…ふう、終わったな」 曙「…ねえ、クソ提督」 「ん?」 曙「ちょっと、外行きましょ」 曙に連れられて外に出ると、珍しく夜空から月が顔を出していた。 そっちは?」 足柄「私は、ちょっと冷酒が欲しいわね。

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

✆ 提督「どうだ?これから裏の畑に行くんだが、一緒にどうだ?」 キザっぽく手を差出しながら、歯を見せて彼は笑う。 仲直りして明日からは普通に接するとしよう、また疲れる日々が始まるがしょうがない」 提督「そういえば時雨が秘書艦がどうとか言ってたな・・・」 提督「・・・・・・」 提督「まあいい、とりあえずは書類を終わらせてから「・・・」ジ- 提督「!?」クルッ シ-ン.。

16
それを曙は如何にも嫌そうに頭を動かし、その手を払った。 これはどういう味付けを?」 提督「適当にそこら辺ので」 曙「大雑把ね」 提督「男なんてそんなもんよ」 漣「シチューもウマー!」 潮「漣ちゃん…口についてるよ」フキフキ 漣「んんっ…ありがとぅ~」 提督「仲が良いな、普段からこうなのか?」 朧「そういえばご飯て皆であんまり食べた事無かったよね」 潮「そうだね…漣ちゃんがまだ来てないからってのもあったけど…」 漣「漣…ですか?」 曙「そうよ、あんたが来たら皆で食事をしようって決めてたの」 漣「なんと。

曙と 艦これSS

♥ 空気が澄んでいるからか、とても輝いている。

10
」 しかも帰り際に小声でメリークリスマスって言ってたか。

曙「返事してよっ!このクソ提督!」

💖 曙「随分楽しそうじゃない・・・」 誘っていたのは自分だけでは無かった。 提督が曙を農作業に誘うのは実は初めてではない、朝方に会えば必ず誘いの言葉をかけている。

カテゴリー• 曙「それより、早く行きましょ。

曙と 艦これSS

😭 「…あと30秒かな」 曙「…そう」 すると、曙は手を握ってきた。

18
提督「ふうー・・・」 提督「・・・」 提督「しかしどうやって仲直りするか・・・」 提督「いや考える必要もないか。

曙と 艦これSS

💖 曙「・・・なんだ、クソ提督か」 提督「なんだとはなんだ」アタマグリグリ 曙「うっさいわね!女の子の髪に気安く触るんじゃないわよ!」 提督はごつごつとした手で曙の頭を撫でた。 139• 提督「ふむ…農業デートはお嫌いかな?」 曙「お嫌いもお嫌いよ、泥臭くてやってらんないわ」 曙は手を振って提督に背を向ける。

125• すると敷波はこれが良かったのかぽやーっとし始めそれを見ていた綾波ほっこりしていた。 すかさず青葉がなみなみと麦茶を注いだ。

【艦これ・曙SS】提督「色々な曙」

🔥 甘く、そして酸っぱい。 薄れゆく意識の中、最後に俺が見たものは、床に落ちた瑞鳳のお弁当とその隣に転がる赤い卵焼きだった・・・・・・・・・・・・ 提督が失踪した数日後の夜・・・・・・ ー鎮守府近くの波止場ー ザザ-ン. 68 ID:1QZuvQSU0 提督「いやー、さすがに焦った。 ……珍しいわね曙がここに飲みにくるなんて」 曙「そう? ……そうかも」 足柄「なにがあったのよ」 曙「べつに……私が勝手に拗ねてるだけよ」 足柄「んふふ」 曙「なによ」 足柄「勝手に拗ねてるだけ。

15
84 ID:rMZXZWC1o 【受けぼの】 曙「ただいまー!」 提督「うるせぇ! 耳元で叫ぶなよ」 曙「いいじゃないいいじゃない、今の私は気分がいいのよ」 提督「はあ、おかえり曙」 曙「ん」 提督「……なんだよ手を伸ばして」 曙「お風呂入りたい」 提督「アルコール入ってるときに風呂はやめとけ。 00 ID:1QZuvQSU0 提督「ごめんよ長門、ずっと駆逐艦が好きな変態ロリコンだと思ってたよ」 提督「さて、他の子に心配かける前にセリフを変えるか」 提督「これで最後にしよう。