「ご期待に沿えず」とは?意味や使い方を解説

🖖 相手に対して「申し訳ない」という気持ちを込めて使われることが多いです。 」という文になります。 例文としては「料金の交渉については一切応じることができないようになっております。

「お役に立てず」• 皆様のご期待に添えますように全力を尽くして参ります」と伝えれば「頑張ってきたから大丈夫だな」と周囲に安心感を与えることができます。 ご期待に添えますかどうか案じておりますが、• 2015年• このように、何らかの事業計画を一緒に打ち立てた提携会社に対し、結果的に期待に応えることができず「すみません」という旨を伝える形になります。

ご期待に添えず|#話術.com

😚 ご要望に添えるよう努力はしましたが、残念ながら. ご希望に添えず(沿えず)の英語は「Without your request」です。 【2】「そいかねる」と「そえかねる」の違い さらにややこしいのは「沿う/添う」(自動詞)のほかに「添える」(他動詞)があること。 ビジネス文書の書き言葉や取引先との会話などで使うと、 関係を悪くしないように配慮できることもあるでしょう。

「ご期待に添えず」というよりもかしこまった言い方が「ご希望に沿えずに恐縮でございますが」という表現になりますね。

「ご期待に添えず」とは?意味・使い方を解説

✊ ややこしい問題がいくつも絡んでくる。 相手に謝罪する際に、ビジネス文書や手紙で書き言葉に使うのはもちろん、顧客からの苦情電話への対応や、相手方に直接出向いて心を込めてお詫びする時にも使われます。 しかし、「添えず」と「沿えず」は、漢字の意味が異なります。

9
文語表現(メール、書類など)によって相手に伝える際には、その言葉・表現が残るため、一度作成した文面でも最低2、3度は必ず見直しをしておき、表記ミス・誤字脱字がないようチェックをしておきましょう。

「ご期待に添えず」とは?意味や使い方をご紹介

⚓ この表現は「希望が叶う」という意味合いになりますが、「希望に沿う」という表現も「期待に添える」という表現もビジネスでよく使われる表現になります。

この表現はビジネスにおいて一般的に使われる表現であり、社会人経験の長短にかかわらずしっかり使いこなせるようにしておきたい表現です。

「ご希望に添えず」の意味と使い方・類語・例文|ビジネス/メール

👋 そのシチュエーションにおいては「期待してますよ。 ・今後のプラン設計においておそらくご希望に沿うことはできないため、謝罪いたします。 「ご期待に添えるよう頑張ります」よりもビジネスシーンでは年上や目上の人にふさわしい敬語になります。

17
厳正なる審査の結果、残念ながら採用を見送ることになりました。

「ご期待に添えず」とは?意味や使い方をご紹介

☘ (例文) 1.「せっかくお越しいただいたのに、ご希望に添えず申し訳ありませんでした。 【「ご期待に添えず」をお断りする時に使う例】• 状況に応じて変えていきましょう。 謝罪のニュアンスも含められるためにやむにやまれず断る気持ちや、相手にもつらい気持ちをさせてしまうし、話し手(書き手)も心苦しいという心情を込めることができます。

10
話し言葉としても、ビジネスメール上でも謝罪の表現としてやりとりされています。

ご期待に添えずの意味!沿う・添うの違いやご希望に添えず等類語・英語も

📱 (例:上司「今日、飲み行くか?」、自分「今日は妻との食事を約束していまして…。 こちらも参考にしてみてください。

13
「ご希望の添えず」という一言を添えることによって、丁寧に断ることができます。 またの機会にお願い致します。

「ご期待に沿う」の意味とビジネスでの使い方、例文、「添う」との違いは?

🤔 面接やクレームで断る時に 慎重に選考を重ねた結果、誠に残念ながら今回についてはご期待に添えない結果となりました。 ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!. 2011年• 「沿えず」、「添えず」、どちらの表現でも通じます。 貴方様のご期待に沿えず、私としても残念で仕方がありません。

「申し訳ございません」という謝罪の言葉も同時に送ることで、やんわりと断ることができます。

ご期待に添えずの意味!沿う・添うの違いやご希望に添えず等類語・英語も

😒 2008年• 実績が伴わないという一抹の不安もございますがその部分も努力でカバーしつつご期待に添えますように全力を尽くして参ります」と伝えると、こちらの言いたいことがポジティブに伝わります。 そういった場合には、相手を気遣った丁寧な言葉で断りをいれます。 実践的に学ぶことによって、さらにその言葉への理解も深まることでしょう。

19
12月 2020年• せっかくですが、ご希望には添いかねます。