【IPO初値結果】サイバーバズの評価は?? 業績がインスタ映えするインフルエンサーマーケティング企業!!

☣ 今回は「Instagram」がメインなので期待は大きそうです。

13
取締役 社外 踊契三• 11倍。 特に初値はかなり高騰すると期待できるため、「稼げる」IPOであると推測されます。

コミュニケーションの価値化に取り組むサイバー・バズのIPO分析

😝 同サービスの今後の成長にも期待が寄せられており、全体の売上高向上にも貢献していくだろう。 高校生や大学生、20台前半のソーシャルメディアに慣れている人たちが3~5年後に働き始めると、お金を使う層のインフルエンサーが増えてくる。

詳しいIPOルールは下記記事に記載してありますので、知らない人は先に確認しておきましょう。

サイバー・バズ上場とIPO初値予想【特大利益が狙えるIPO登場か】

⚑ 5.評価…総合的評価や特記的事項を含める 9月の初値高騰狙い銘柄としては、 最上級の評価ができそうな銘柄。 事業系統図はこちらです。

2
8 億円でした。 規模感や、公開価格の割安性、業種、需給面など判断して 総合的にメリットが高め。

サイバー・バズ(7069):IPO上場情報

👈 財務データ 「目論見書より」 単位:千円 決算期 売上高 経常利益 当期利益 純資産 2016年09月 連結 --- --- --- --- 単体 1,832,439 140,352 75,695 430,847 2017年09月 連結 1,865,885 147,832 82,660 513,507 単体 1,776,983 134,585 73,667 504,514 2018年09月 連結 2,446,947 234,953 165,115 678,623 単体 2,126,163 129,872 93,105 597,620 直近四半期 2019年06月 連結 2,193,954 352,452 227,467 906,091 単体 --- --- --- --- 今期予想 2019年09月 連結 2,864,000 337,000 226,000 --- 単体 --- --- --- --- 1株あたり 単位:円 決算期 配当金 当期利益 純資産 2016年09月 連結 0. 仮条件の上限決定で公開価格2,300円。

7
Ripre会員はソーシャルメディアのユーザーの中でも読者やフォロワーを多く抱えており、ポチカム会員と比較すると強い影響力を持ちます。

【IPO初値予想】サイバーバズは爆騰が狙える!! 業績好調だがロックアップと地合いが懸念材料

🤭 設立当初はブロガー中心のサービスを展開し、2015年からインスタグラムを通したインフルエンサーマーケティング事業を開始。

9
これなら初値にプラスの影響を与えてくれるでしょう。 5,000円が一旦の目処と感じるが、注目度が高く初値が吊り上がればやはり2. サイバーハズの上位8位までの大株主とロックアップ情報 ロックアップとは、株式が公開された後に一定期間、市場で持株を売却することができないようにする制度のことです。

「サイバー・バズ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のSNSマーケティング企業との比較や予想まで解説!|IPO株の銘柄分析&予想|ザイ・オンライン

💙 7倍の成長しています。 to buy NINARYはインスタにしたフォロワー数3万人以上の人向けサービス。

10
2.割安性…PER,PBRなど財務情報、価格設定から 2019年9月度、連結予想EPSは73. パフォーマンスにはプラスの影響を与えてくれるはず。

【IPO初値予想】サイバーバズは爆騰が狙える!! 業績好調だがロックアップと地合いが懸念材料

👍 関連資料 サイバー・バズ 7069 :『新株式発行並びに株式売出届出目論見書』 サイバー・バズ 7069 :『公式HP』 注意事項 ・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません ・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません ・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします ・当サイトでは、IPO 新規上場 についての情報を提供しています。 44倍 初値予想 5,000円 株数 公募株数 370,000株 当選株数 683,600株 企業規模 吸収金額 13. は 2019年8月16日に 上場申請が正式承認され、同年9月19日に東証マザーズへ上場を果たす。

5
・直近数年の業績が上昇傾向にあり、成長力が高いです。

【IPO初値予想】サイバーバズは爆騰が狙える!! 業績好調だがロックアップと地合いが懸念材料

🖖。 取締役中心に複数の従業員に割り当て。 7億円となっています。

14
通常ならマザーズ上場案件としてさほど軽量感のある水準でなく、株式相場全体の地合い次第で初値が抑えられる可能性もある。