フライデー襲撃事件

🖐 なぜ事件が起きたのか、今までほとんど知られることのなかった別の理由、事件の背後にいた謎の人物の正体を告白。 さらに、つまみ枝豆はビートたけしの為なら命も惜しくないと思うほどビートたけしを尊敬していました。 さらに第二報となる1987年1月2日号ではたけしが早期復帰した際は過去に芸能人が不祥事を起こした際と比較し謹慎期間が短いことを指摘し、たけしとともにテレビ業界に対しても批判を行った。

3
襲撃のきっかけになった12月8日の取材以前にも、記者がたけしさんを徹底的にマークして取材を続けていた時期だったので、お互いにわだかまりがあったんです。 楽屋にいつもいるの。

ビートたけしの何がすごいのか。北野武最大のパフォーマンスはフライデー襲撃事件?

✔ また番組内で、の『』を合唱し、たけしの復帰を哀願する企画も設けられた。

9
このようなフライデー記者の行き過ぎた行動に対する不満が積もり積もって、ビートたけしはフライデー襲撃事件を起こしたのではないでしょうか。

ビートたけし

☣ このことをフライデー側が隠そうとした事が事件の引き金となった。

5
携帯電話がなかった時代ゆえ、連絡が取れたのは本当にたまたまです。

たけし「フライデー襲撃事件」の真相告白 背後には“謎の人物”が― スポニチ Sponichi Annex 芸能

🐝 それは、フライデー記者がビートたけしの家族にまでしつこく取材をしようとしたり、写真を撮ったりしたことです。

18
「殿(たけし)が守ってくれた」と、当時を振り返った。

ビートたけし

🤙 ちなみにその事について突っ込まれたたけしの答弁は「芸人なんだから喚ばれれば行くし喚ばれなきゃいかない、それだけだ」でしたが。 その理由は、枝豆が一番血の気が多い人間だということを知っていたのだと思われます。

20
そこではゴルフや天体観測をしたり、さらに数学者・広中平祐の著書を読んで「考える持続力」をつける必要を感じ、中学校の教科書の内容をやり直したりしていたという(筑紫哲也監修『たけし事件 怒りと響き』太田出版)。

フライデー元編集長が思いを馳せる「ビートたけし襲撃事件」と、老いらくの恋|日刊サイゾー

🐝 当時は仲間と共に地元の市役所に押し掛けたり、木刀を持ってソ連領事館を襲撃していて右翼時代には逮捕されて服役経験も持つたけし軍団きっての武闘派だったのです!! ビートたけしさんが・・・ この過去を知っていたビートたけしさんはつまみ枝豆さんの気性を考慮し,あえて『フライデー襲撃事件』には呼ばなかったそうなのです!!!つまみ枝豆さんが事情を知って「講談社」に乗り込めば、ただ事では済まないことを予測しての事だったようです・・・。 ビートたけしの伝説!?:アウトレイジでバカヤローコノヤロー! 様々な伝説を残してきているビートたけしさん!!そんなビートたけしさんが監督を務める大人気シリーズの映画『アウトレイジ』。 同番組は本放送終了後も特別番組として続いている。

19
というのも、つまみ枝豆さんは、 「たけし軍団」に入る前は、右翼団体員で逮捕歴があり、木刀を持ってソ連領事館の塀を乗り越えたこともあるほど、一本気なところがあったそうで、たけしさんはそれを知って、つまみ枝豆さんだけは呼ばなかったのでした。 たけし軍団をともなって、フライデー編集部に襲撃を起こしてしまったビートたけしさん。