為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

✆ Anything is possible if you put your mind to it. 「為せば成る、為さねば成らぬ」から学ぶ人生の生き方 最近は、「 ありのままに生きる」という風潮が流行っているようです。 いつの時代でもこうした意味を持つ言葉が存在します。

5
ですが、日本人の場合はそれがない。

為せば成る 為さねば成らぬ何事も・・・ 上杉鷹山 - 名言から学ぶ幸せのヒント

😇 そのためには、リーダー自身が挑戦し行動し続ける人でないと、メンバーはついてきません。

16
求めよ、さらば与えられん。 ゲーテ 決断できない時に役立つ言葉 「できるか?」 と聞かれたら いつでも 「もちろん」 と返事をすることだ。

『成せばなる成さねばならぬ何事も成さぬは人・・・・・』この続きを知ってる人いま...

🤩 鷹山は「民の父母」としての根本方針を次の「三助」としたのです。

すごく落ち込んでいる時に、友人から為せばなると言われ勇気が出てきた。 諦める弱さを捨てさり、 行動し続ける 何事も「成るために為す」のである、そのために何が必要かを考え、行動すべきである、ということを教えてくれていました。

為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

😁 アレコレ考える人間の中でも、考えるだけで行動して実行できない人は、成功者にはなれません。

4
為せばなるの由来 江戸時代後期の米沢藩主。

「為せば成る」の意味とは?語源となった上杉鷹山の全文や類語も

🤫 大ヒット映画「アナと雪の女王」から来ていますね。

18
「成る業を 成らぬと捨つる 人の儚さ」とは、「できることでも、最初から無理だと諦めてしまうところに、人の弱さがある」という意味です。 財政再建、産業育成、精神復興を果たした偉大なリーダーとして、領民の信頼もあり、今でも多くの経営者から尊敬される存在です。

為せば成る 為さねば成らぬ何事も・・・ 上杉鷹山 - 名言から学ぶ幸せのヒント

📱 「成らぬは人の為さぬなりけり(ならぬはひとのなさぬなりけり)」が最後に加わります。 では、上杉鷹山とはどんな人だったかと言うと、江戸時代中期の大名で出羽国米沢藩9代藩主で、日本一貧乏な米沢藩を立て直すという実績を遺しました。 」といったところでしょうか。

鷹山の藩政改革の前半は、うまくいきそうになっては飢饉に襲われるなど、あまり目立った成果を上げることができませんでしたが、数々の失敗を乗り越えて、見事改革を成し遂げて財政を健全化させることに成功します。 一般に本故事は、どんな事でも強い意志を持ってやり抜けば、必ず成就することを述べたものであり、「やる気の大切さ」と「目標達成の真髄」を後世に伝える非常に奥深いものとなっています。