【パズドラ】修羅の幻界(限界)の攻略パーティと周回のコツ

🤲 このダンジョンでは ランダムでコンボドロップが降ってくる。

16
メノアが毎ターン属性変化をする 中の人A 一部敵の行動が調整されていたりしますが、基本的に「修羅の幻界」と変わりません。 【先制】盤面超暗闇 4ターン• 【先制】落ちコンなし 3ターン• 0コンボ 火ドロップが足りていない時やHPが102,000以下の時は回復ドロップを全て消す• 動画内はグダりすぎ。

【パズドラ】修羅の幻界の無効パ攻略と立ち回り

❤️ 敵が行動するまでにHPを全回復しておく• 【先制】状態異常無効 999ターン• 門松 お正月の装備 を利用して倒す ルシファーの防御力が20億、HPが20億なので倒すハードルはシンプルに20億のダメージに。

19
どちらも10ターン耐久することで解除できるが対策しておくに越したことはない。

パズル苦手でも裏列界の化身を冨岡義勇で周回できるパーティ編成と立ち回りを解説

🤭 レムゥダンテパーティで10秒パズルを想定しています。 このダンジョンでは ランダムでコンボドロップが降ってくる。 攻撃力減少ギミックの対策というよりは、高防御且つ高HPの敵を倒しきるといった目的で使うため、なるべく高倍率が望ましい。

【先制】水ドロップが消せなくなる 3ターン• 修羅の幻界の攻略情報 B11〜B21のダンジョンデータ 目次• 修羅の幻界がベースとなっている 裏修羅の幻界は、「」の内容を元に 新たな調整を行った新ダンジョンとなっている。 大まかに言えば、のスキルでボスを木属性にして削りやすくすると同時に、木軽減2を積んで攻撃を耐える戦法です。

【パズドラ】クリアしていれば魔法石85個!? 次回メンテナンスまでに高難易度ダンジョンを攻略しておこう!

💓 というか、修羅って雲とテープほんまにいるんやったっけ? 結局木軽減2つ付けたかったのでドゥバルには龍刀をつけていますが、木軽減1つで行けるくらいにHPが盛れるようなキャラが出ないかなーとか。 【先制】リーダーチェンジ 5ターン• 今後の新キャラ次第でもしかすると使えるようになるかも?とめっちゃ期待してます。 ただ、hpの都合で泣く泣く外すしかありませんでしたが。

が、めっちゃいい武器だと思います。

パズル苦手でも裏列界の化身を冨岡義勇で周回できるパーティ編成と立ち回りを解説

📞 【先制】全ドロップをロック• パーティ次第ではお邪魔目覚め耐性がなくても攻略できるが、多色パーティを使うなら必ず用意しておきたい。

19
パーティーの組み合わせ次第で、いくつもの攻略方法が存在することはパズドラならではの魅力だと考えておりますが、現在の状態は今後のゲームバランスへ大きな影響を与えることが懸念されるため、「修羅の幻界【ノーコン】」の内容調整を実施させていただきます。 ダンジョンの出現モンスターやギミックに修正は入らないため、クリアだけを目的とするのであれば、メンテナンス後でも無効パでの攻略が可能です。

【パズドラ】修羅の幻界(17〜21F)のダンジョンデータ|ゲームエイト

😂 炭治郎のスキルで生成できる数は4個なので、次のターンで足りなくなる場合は盤面を多めに消してドロップを確保しましょう。

1F最大5ターン遅延に変身キャラは注意。

裏・修羅の幻界

😭 相変わらずパズル苦手な僕ですがこのダンジョンは攻略可能です。 ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけ致しますことを改めてお詫び申し上げます。 このパーティの特長は ・操作時間9秒固定で操作時間減少を一切受け付けない ・固定50万ダメージで根性持ちの敵やアテンの処理がしやすい などで裏列界の化身の攻略の適性は高いと言えます。

15
修羅の幻界【ノーコン】 概要• ダンジョン内容は変更なし 元々の告知ではダンジョン内容も調整するとのことでしたが、『無効パ自体を潰してしまうのは違う』というユーザーからの声を聞き入れ、既存の修羅の幻界のダンジョン内容はそのままで、新たに無効パ対策されたダンジョン「」が追加されました。

【パズドラ】復帰勢2人が裏修羅の幻界攻略[鬼滅の刃]

☝ 詰むときは詰みます。 僕と同じようにあそこで苦戦するパズドラーの力になれたらいいですね。 四君子はヨウユウのみ耐久必須 モンスター 立ち回り• サブの考え方、マシンキラーを積めば火力は足りる 例えばセフィロスに宙天丸を装備させると 究極セフィロス Lv HP 攻撃力 回復力 Lv. 【先制】覚醒無効 3ターン• 立ち回りのコツ 火の1列消しと無効貫通で突破していく 本編成は、火の1列消しと無効貫通を敵に合わせて使用していく編成です。

2
修羅の幻界の攻略情報 無効パーティ攻略と立ち回り 目次• 一方でお邪魔目覚めや遅延、ダメージ・属性吸収は複数の敵が使用するため、ギミックを減らしたというよりは耐性への依存度を減らしたというべきか。