「新幹線eチケットサービス」を実際に使ってみた──予約から乗車までの手順、変更・キャンセル方法などを解説

💢 ・モバイルSuicaもご登録いただけます。 列車・区間・席数限定です。 九州新幹線も「スマートEX」を2022年春に導入する予定で、実現すれば、日本全新幹線がチケットレスサービスに対応することになります。

マイルが貯まりやすい• みどりの窓口や券売機などでは受け取れません。 そのため、から会員登録もしくはログインをしてください。

「新幹線eチケットサービス」が始まります:JR西日本

👍 普通車指定席、グリーン車、グランクラスの払い戻し手数料と乗車日時の変更条件 払い戻し手数料 乗車日時の変更 えきねっと特典適用 1名あたり320円 乗車当日の出発4分前、かつ22時54分まで何度でも無料で変更可能 えきねっと特典対象外 乗車2日前までは1名あたり340円 乗車前日または当日の出発時刻までは指定券の30% 1回目までは無料、2回目以降は払い戻しの上、新規申し込み えきねっと特典対象外であると、払い戻しのタイミングによって手数料の金額が変わってくる点に注意が必要です。 ・こども用のICカードをご登録いただければ、小児のお客さまもチケットレス乗車していただくことができます。

3
ただし、「えきねっとトクだ値」については、一行程で1個列車の新幹線列車利用に限ります。 第19条(指定列車出発後の変更等) 新幹線eチケットを所持する会員は、当該新幹線eチケットの指定列車の発駅出発時刻後に乗車列車の変更を請求することはできません。

使ってみてわかった 新幹線eチケットのメリットとデメリット

😜 えきねっとトクだ値やお先にトクだ値と割引価格や仕組みは同じです。 以下、「新幹線列車」)に乗車することができるものをいいます。

3
・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ちなみに、判別方法はありまして、自動改札機を通過後に、座席票発行機で確認できるんです。

「新幹線eチケットサービス」が始まります:JR西日本

👆 2.窓口に並ばずに予約変更・取り消しができる えきねっとで予約した後、一旦切符を受け取ってしまうと、列車を変更したり、取り消したりするには窓口に並ばないといけません。 (3)特別車両料金相当額 当該新幹線eチケットの特別車両料金相当額の全額 第25条(無賃送還)• 申込期間は、 乗車日から1カ月前10時から出発時刻4分前かつ22時54分までとなっています。

4
操作性が改善されれば」など、困惑の声も漏れる。

JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

♨ で、 「以上の内容で申し込む」 をクリックします。 また、普通車自由席については、200円の割引はありません。 個人情報の取扱いは以下に準じるものとします。

8
JR北海道の担当者は「駅窓口に立ち寄らず旅行が可能になり便利。

「新幹線eチケットサービス」まとめ。ICカードで新幹線が乗車可能に。JR東日本などで導入

😙 (10)「えきねっと取扱駅」とは、JR券規約第5条第1項で規定する箇所のことをいいます。

ただし、「えきねっとトクだ値」については、旅客規則に定める自由席特急料金と特別車両利用時の指定席特急料金との差額を収受します。 モバイルSuicaを利用している場合は、モバイルSuicaアプリから確認できます。

新幹線eチケットサービスでの新幹線同士の乗り継ぎについて

🖖 新幹線eチケットの使用開始前に、交通系ICカードの紛失等により購入済みの新幹線eチケットを使用できない場合は、会員及び利用者は以下のいずれかの方法により乗車するものとします。 新幹線eチケットとは?会費無料の「えきねっと」に追加されたサービス。 「えきねっと」で予約後、これまでは券売機や窓口で、乗車券や特急券を紙の切符で受け取る必要があった。

13
今回の「新幹線eチケットサービス」のサービス内容は、「スマートEX」に準じているように見受けられます。