「務める・勤める・努める」 の意味と使い分け方!業務や職務、司会はどれになる?|語彙力.com

👈 「務める」の意味と使い方 まずは 「務める」です。 自分の価値観や判断基準に合う会社は複数あって当然ですし、面接で「この動機なら他社でもいいよね?」と質問する企業があっても、「確かにそうかもしれません」と答えた学生に「なんだと!」と怒りをあらわにする企業は少ないと思います。 もともと何らかの立場があって、それによって客観的に行わなければならないことを遂行するのが『務める』こととなり、やるべきことが達成されるという意味も含んでいることに注意しましょう。

1
「友人の結婚式の司会を務めることになった」 友人の結婚式で司会という役割を引き受けたことを表しています。

プロに聞く!就活で志望動機を書くときのポイント【例文あり】

⌚ 「努める」の意味 「努める」とは 努めるとは、 努力して物事を行うことや、無理をして堪えることを意味しています。

9
ただ、もし可変的なものに感じた魅力があくまで「きっかけ」であるならば、例えば、出会った社員から会社の姿勢を感じたならその姿勢を、制度に魅力を感じた場合はその制度から見える会社の文化や社風、例えば「実力主義の社風」を「what」として伝えた方が、説得力が高まると思います。

「務める・勤める・努める」 の意味と使い分け方!業務や職務、司会はどれになる?|語彙力.com

⚑ 「務める」の類語 務めるの類語・類義語としては、仕事に従事することを意味する「携わる」や、物事に関係することを意味する「関わる」などがあります。 人間の価値観は、長い時間の中で繰り返されることで作られるものです。 「努める」は困難なことを成し遂げるために努力するということですから、これも不適切でしょう。

11
また、より細かい役割や立場を表現することもあります。

「努める」「務める」「勤める」の違い

🐾 「勉める」や「力める」と書かれることも稀にありますが、この二つは常用外の読み方なので、ふつう「努める」と書かれます。 いずれも語源は同じで、勤めるや務めるも、「努力する」という意味から派生した表現である。

16
「勤める」だと、会社などに働きに行くということになりますので、これは不適切です。

「努める」「勤める」「務める」の意味の違いと使い分けを解説

😩 「務める」を使うのは、勤める会社であったり、 仕事に対して使うとは限りません。 自分の志望動機を書く上でのヒントにしてみてくださいね。 例えば、「泣くまいと努める」とは、泣きそうになるのを我慢するという意味です。

2
彼女には銀行に 勤めている叔父がいます。

「務める」の敬語表現・務めるの使い方と例文・別の敬語表現例

⚑ まっとうする などがあります。 仏の道に励むことを 「お勤め」というのですが、その動詞形になります。

15
売上目標の達成に対して用いる場合には、自分なりの努力をするという意味になりますが、『務める』を使用すると意味が変わります。 「勉める」でなく、「 努める」 を使うのが一般的になっています。

「誠心誠意」の意味と使い方・例文6コ・類語・誠意との違い

🖖 「努る」「努とめる」などはいずれも間違いですので、「努める」と正しく書くようにしましょう。 基本的には、丁寧語は誰に対して使っても問題はありません。

13
1つ目は 「与えられた役割を果たすこと」という意味です。