フィリップスのおすすめ電気シェーバーと口コミや評判をご紹介!

🎇 多彩な着脱式アタッチメント ヘッドを洗顔ブラシやヒゲスタイラーなどに取り替えることができ、使い方の幅が広がります。 マルチプレシジョン刃 刃の回転数をダウンさせる 「センシティブモード」を搭載。

剃り心地を3段階で調節する「パーソナルコンフォート設定」をはじめ、自動洗浄器が付属するなど機能面で最も充実している機種がコチラです。

使って分かったフィリップスの回転式シェーバーで深剃りするコツ

🙌 フィリップスのシェーバーは、下位モデルになればなるほどヘッドの可動域が限られてきますので、注意しましょう。 【図10】 カラー• 機械的に手を回すのではなく、 確実に剃れているかどうか、感覚を重視してゆっくりシェーバーを動かしてください。 なお、充電中は以下のようにシェーバーのライトが点滅します。

16
最安のモデルで¥6,000前後を購入の目安にすると良いでしょう。

フィリップスのシェーバーおすすめ12選。各シリーズの違いに注目

😒 まとめ コスパ最強モデルならフィリップスの5000シリーズがおすすめ フィリップスの電気シェーバーの購入を検討されている方には、低価格モデルが揃う5000シリーズがおすすめです。

1
そのため8方向への稼働が可能に(下位シリーズは5方向)。 7000シリーズの機能• 電源方式:充電式• 防水仕様で、お風呂での泡シェーブもできますよ。

フィリップス電気シェーバー

🤜 スマートクリーンや着脱式ブラシが付属しておらず、またバッテリーもフル充電で50分稼動と同シリーズと比べて10分短くなっていますが、その分値段もグンと安くなっています。

3
剃り残しがなく、剃った後もお肌がスベスベです。

フィリップスの電動シェーバーは、驚くほどヒゲが剃れない!

🐲 髭を根元からカットできる• 駆動方式:回転式• 一万円以上するシェーバーでこれだけの保証が付いていると安心して買えますよね。 回転式シェーバーの唯一の欠点は時間がかかること 冒頭にも書きましたが、フィリップスに乗り換えてから、T字カミソリを使っていた時より、往復式のシェーバーを使っていた時より 肌に優しく深剃りが出来ています。 回転運動は手首の支点に動かす程度• フィリップス製シェーバーの5000シリーズに付属品を充実させていくと、価格も上昇していき、最高で2万円弱ほどの価格になります。

18
口周りや頬など肌が荒れやすい箇所も優しく剃ることができます。 センシティブモード• 就寝前などに忘れずに充電をしておく必要があります。

フィリップスのシェーバーのおすすめ人気ランキング15選【世界NO.1の実力派!】

♨ この記事の目次• をご覧になってください。 コストパフォーマンス良好• 何年か前に書いたBOSEのSoundLink Mini Bluetooth speaker以来でしょうか。

9
パッドに置くだけで充電できる。 一見よいことのように思えるかもしれませんが、常にヘッドがクリーニングされるので、クリーニング液の交換頻度は高くなります。

フィリップスシェーバーのマークの意味を教えてください。

😇 使用はドライだけでなく風呂剃りにも対応しているので、使ったついでに水洗いで簡単にケアできます。 ドライ剃りは違和感を感じるので、シェービングジェルやクリームは必須です。 コームで形を整えることもできます。

6
駆動方式:回転式• T字カミソリだと、深剃りできても肌が荒れてしまいますので… まぁかなり髭の濃い方は髭剃りにかかる時間的に満足できないかもしれませんが、一般的な髭の濃さの方であれば、問題なく使えるかと思いますね。 「スキンコンフォートリング」と呼ばれ、フィリップスの7000シリーズにのみ採用されたヘッド構造です。

フィリップスのおすすめ電気シェーバーと口コミや評判をご紹介!

🤑 ブロック表示:蛇口マーク、シェービングヘッドマークと一緒に「!」マークが表示された場合、シェービングヘッドが汚れているか損傷しているため、シェーバーのモーターを作動させられないことを意味しています。 30秒くらいすすいだら、あとは自然乾燥でOKです。 フィリップスのシェーバー・5000シリーズの水洗いの方法 フィリップスの5000シリーズは「IPX7の防水仕様」になっており、水洗いができるのでお手入れが超簡単です。

11
スーパーSALE開催中!• ヘッドの可動域で選ぼう フィリップスのシェーバーは、モデルによってヘッドの可動域が違います。

フィリップスのおすすめ電気シェーバーと口コミや評判をご紹介!

🍀 シェーバーの運転音が気になるという方は、回転式シェーバーの使用を検討してもいいかもしれません。 丸一日髭が生えてこない状態を保ちたいという人は、フィリップスの5000シリーズは避けた方が良いでしょう。

V字型の内刃と外刃で、髭を根元から引き上げ、挟み込むように刈り取るのが特徴。