武漢P4研究所、中国軍の生物化学兵器専門家が責任者に=情報

😁 一部の医学論文では、コウモリ由来のコロナウイルスを研究する科学者が、人体に適応するように遺伝子操作していると指摘した。 しかしそこに政治的な優先順位がつかない。 武漢研究所が地球上で最も致死力の高いコロナウイルスのいくつかを入手したという決定的な証拠がある。

15
中国では、過去に研究施設の関係者が実験動物を食用として不正に横流ししていた事件があったそうです。

中国がカナダから盗み出した「生物兵器コロナウイルス」|NOGI|note

♻ 兵器としての生物兵器の運用を考えた場合、問題は「投射能力」(兵器を攻撃対象にまで到達させる能力)です。 過去の歴史を見ても分かるように隠蔽するために何をして来たかが分かります。 武漢発の新型コロナウイルスの発生以来、中国科学院武漢国家生物安全実験室、通称武漢P4実験室(バイオセーフティーレベル4研究所)が、特別な注目を集めている。

11
さらに2017年8月には、中国国家衛生委員会が武漢の施設でエボラウイルス、ニパウイルス、クリミア・コンゴ出血熱ウイルスを含む研究活動を承認していたことが判明している。

新型コロナウイルスは人工的な生物兵器?陰謀論で片付けられない特殊性と迫る政変=斎藤満

🍀 中国は政治体制のこともあって、積極的な情報開示を行わない。

公的なシンクタンクを彷彿とさせるネーミングだが、所長の ミシェル・チョスドフスキー氏が2001年に創設したきわめて小規模な仲間うちの組織。

新型コロナウィルス:東大教授作成:化学兵器

😉 同研究所は、ウイルスの発生源とされる海鮮市場から約30キロの地点に位置する。 なぜカナダから致死性の高いウイルスを中国に送られていたのか。

11
記事内容は、必ずしも本サイトの見解を反映するものではありません。 特殊病原体 右 の元チーフであるGary Kobinger博士と研究科学者邱香果博士 右から2番目 は、Kent Branty博士とジョンズホプキンス大学医学部の助教のLinda Mobula博士と面談した。

新型コロナと生物兵器 : 読売クオータリー : まとめ読み : ニュース : 読売新聞オンライン

😄 html 我が家でのコロナ会話と考察 ちょうど家族で「新型コロナウィルスに関してだけ、なぜにこんなにも毎日毎日ニュースで報道されるのだろう?」と話をしていたところでした。 当の中国当局をはじめ、感染者が確認された日本や米国、台湾など各国・地域でも対応に躍起だが、その一方で、猛威をふるう新型ウイルスについて、米メディアなどでは「現地の病源体研究機関から漏れた」「中国の生物兵器」とする指摘や疑念も提示されている。 武漢コロナウィルスへの対抗方法• もし中国の科学者たちが生物兵器の研究と開発を急がされていたとしたら、手抜きがあったと見て間違いないだろう。

6
すべて公務員は、(国民)全体の奉仕者であつて、一部の(山吹色のお菓子をくれる観光業者への)奉仕者ではない。

新型コロナウイルスは中国の生物兵器によるテロですか?

🙃 (中略)新型コロナウイルスはこの研究所から流失したものなのではないか、という噂は専門家からも聞かれます。

16
4~5月にピーク、減退は6~7月か? ピークについて、中国の中央の専門家チームのリーダーでもある呼吸器感染症の権威、鐘南山は「(ウイルスへの対策がうまくいけば)10日か1週間以内にピークを迎え、スーパースプレッダー(感染拡大の感染源となる患者)も登場せず、大爆発的な感染にいたらない」との見方を新華社通信などを通じて示した。 また41人中、華南海鮮市場が関与しているのは27人だった。

「新型コロナウイルスは人間が造った生物化学兵器だ」という言説が、中国の内外で広...

🔥 加盟国間で情報交換を密にすることを確認したほか、生物兵器禁止条約に生物兵器による攻撃などで危機にさらされた加盟国への支援を行える条文があることから、コロナで深刻な被害を受けた途上国に適用できないか、などを巡る意見交換が行われたという。 新型コロナウイルスの場合、「致死率が低く、感染者が2次ウイルス血症となって大量のウイルスを体外に放出させつつ、医療機関での受診を求めて動き回った」ことが、感染を広めたのだと思われます。

10
これは2015年に、武漢P4実験室の研究課題について発表された論文です。 リスク評価 生物兵器テロの脅威は、どれほど差し迫ったものと考えればよいか。

保守派による「新型コロナは生物兵器」というトンデモを検証する(古谷経衡)

😀 現に何の罪もなく、健康な中国人がこの噂によって差別されることもある。

3
同研究については、の支援も受けている。