サピアウォーフの仮説とは

✔ ちょっと極端な感じがしてしまいました。

3
もしダニ語話者が,名前で区別しない色を皆「同じ」と思うなら,さっき見た色は皆同じ色として混同されてしまうはずだ。 結論だけ言えば〈情実・実情〉として機能していた。

サピア=ウォーフの仮説とは

☏ 言語が思考に影響を与える事が無いとは言えないと思いますが、思考にそぐわない言葉というのは根付かないでしょうし、状況変化などによって生活に合わなくなった言葉は廃れていくのだと思います。 各言語の特徴や特性が異なることにより、その言語を用いた思考様式にも影響が及ぶという仮説です。

16
一方、「何人」という数はわからないけれど、子供の名前も顔もきちんと認識していて、ひとりひとりを愛する気持ちは変わらないし、数なんて大事じゃないんだ、と素敵にまとめられていて、なんだか少し共感してしまいます。

エドワード・サピア

🙃 なぜでしょうか。 ボアズはそのなかで、生活様式と言語様式というものが地域によってどれだけ多様であるか、そして両者の間にどれだけ強い結びつきがあるのかを悟った。 山川は水戸藩の出自であるから、神道だが、彼女自身「科学的・客観的」を念頭においていたというだけあって、祭事に関する記述は少ない。

20
アメリカの言語学者 E. 【範疇知覚の発達的形成】 成人の認識が思考のさまざまな側面で言語による影響を受けるとすると,その影響が発達的にはどのように現われるのかというのは重要な問題である。 もしも強い仮説が正しければ同じ濃さの赤と青は同じ色に見えるはずだが、実際にはそんな事はなく別々の色として認識する事ができた。

サピア=ウォーフの仮説:Sapir

👐 さまざまな調査から明らかになってきた影響を及ぼす違いは次のようなものです。 まとめ 私の感覚だと、弱い仮説のほうがしっくりくるのですが、みなさんはどうでしょうか。

1
そして〈実情報告〉の短縮形である〈情報〉が、本来の意味も対概念も見失われて、〈情報〉なる単語としてこれまた、繁茂している。

サピアウォーフの仮説とは

👍 例3)1、2、の次は? 一、二、とくれば、次は三。 それは敗戦を終戦と言い換えた心情や気分そのものであり、その時点ではまだ丙午の迷信を頂点とする諸々の民衆教化装置により男尊女卑の考え方は今よりはるかに日本人の心を支配していたのだ。 言語が思考に影響を及ぼす部分があることは確かと言えそうです。

そして彼らの思想は言語そのものだけでなく、言語が支える近代科学の方法論にまで切り込む思想なのである。

エドワード・サピア

😈 つまり言語学王国の一員たる資格を有しているということをサピアの名によって保障しているわけだ。

15
しかし、それに対しガイドイッチャー 『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』(2012)を著すなど、ピンカーの批判に対抗しています。

言語的相対説(サピア・ウォーフの仮説)について噛み砕いて説明してみる①

☏ ことほどさようにわが国では単語が単語として意味を担えるという妄信が広まっている。 ---An Introduction to the Study of Speech. 「言語によって思考が影響を受ける」ことについて、少し具体例を挙げていきたいと思います。

3 shares 「サピア・ウォーフの仮説(Sapir—Whorf Hypothesis:さぴあうぉーふの仮説)」というのを、聞いたことはありますか?聞いたことがあっても、なくても、ちょっとここで、私の中途半端な言語学オタクっぷりを勝手に展開してしまおうかと思います。 動作の認識• わかりましたか?). (ボアズについては未調査のため詳しくはわかりません) ベンジャミン・リー・ウォーフ(1897-1941)は防火工学の技師で火災保険の調査員等もしていたのだが言語学に興味がありサピアの元で彼の言語理論を学んだ。