地方創生

🙏 をもとに編集『地方創生推進室』 2015年12月26日閲覧• 建築における、やの規制の緩和 (の特例 )• に登録している高齢者のの延長など、高齢者の雇用の規制緩和 (の特例 、現在は全国展開 )• 内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォームとは 2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核文書である「持続可能な開発のための目標(SDGs)」が示す多様な目標の追及は、地方自治体における諸問題解決に貢献し、地方の持続可能な開発、すなわち地方創生に資するものといえます。 地域再生・計画 [ ] 地域再生制度 [ ] 地域の活性化や雇用の創出などを推進するため、地域再生法に基づき、地方自治体の「地域再生計画」を支援する制度。 加速度的に進む日本全体のは、日本の経済社会にとって大きな重荷であり、今後も続くと推計されるに起因する、地方から始まり都市部へと広がる人口減少の是正のため、各地域の人口動向や将来の人口推計( 地方人口ビジョン)、産業の実態や、国の総合戦略などを踏まえた、自らによる「 地方版総合戦略 」の策定と実施に対して、国が情報・人材・財政の各種支援を 、地方の自立性、将来性、地域性、直接性、そして結果重視の原則に即して行い 、地方における安定した雇用の創出や、地方への人口の流入、若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえ、時代に合った地域をつくり、安心な暮らしを守るとともに、地域間の連携を推進することで、とその好循環の維持の実現を目指すとしている。

19
関連サイト• 『愛媛新聞ONLINE』2015年12月16日• 例えば人口流入策なら、一定期間の流入数や増加率のような、自治体自らが策定した具体的な数値目標を、が精査して交付額や対象事業を決定し、進捗状況を国や地域住民とともに毎年検証して、場合によっては見直しを求めたり交付の変更が可能と 、目標達成のために、具体的な数値目標を立て、その進捗状況を計測する「 (重要実績評価指標)」の設定や、「 」を確立するとともに、個々の事業において民間資金を誘発し、将来的には本交付金に頼らない自立した事業構築を促すとしている。 をもとに編集『地方創生推進室>中心市街地活性化』2015年12月26日閲覧• 東京での大学の新増設抑制には大学の経営の自由度を損なう恐れがあるとの意見が出ている。

内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

😗 『m3. がの施設を所有したまま、料金徴収などのを民間に売却可能に (及び民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律の特例 ) 地方創生エクスポ(2020年2月5~7日、幕張メッセ)では観光以外の様々な業態も参加した 地域経済分析システムの提供 [ ] 国や民間が持つ、企業間取引や産業の分野別の情報、時間ごとの人の流れなどの地域経済に関わる様々な情報を収集したを可視化した、地域経済分析システム「 (リーサス)」とデータのを提供。 対策として知識不足を補うための研修や、民間企業との人事交流、地元の金融機関との連携の推進などが必要。 農林水産業• 公共交通の利便性の高いエリアに居住している人口割合:90. 京都新聞2020年2月20日朝刊• をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部』2016年4月9日閲覧• 45 これから活用が期待される制度改善 取組名 掲載ページ 目次 P. 政府関係機関の地方移転• 地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」を利用した出前講座が、学生などの若者がそれぞれの地域の現状と将来に対しての理解を深めることを目的に大学などで開催されたほか、RESAS普及のため、高校生から一般までを対象とした、RESASを利用して地域の現状や課題を分析して解決策を提案する、政策アイデアコンテストも開催されている。

19
『神戸新聞NEXT』2015年7月1日• 第十七条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 8を達成し、東京一極集中の是正を行うことによって、2050年台の実質を1. 『日本経済新聞』2015年9月9日• 地方創生推進交付金、地方創生加速化交付金など。 をもとに編集『内閣府地方創生推進室>施策>地域活性化伝道師 2015年12月26日閲覧• 地方大学の振興• 『大阪府』2016年6月10日閲覧• 令和2年12月1日付 職名 氏名 内閣府事務次官 山﨑 重孝 内閣府審議官 別府 充彦 内閣府審議官 田和 宏 大臣官房長 大塚 幸寛 大臣官房政策立案総括審議官 渡邉 清 大臣官房公文書監理官 (併) 渡邉 清 大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官 片山 朗 大臣官房審議官(官房担当) 伊藤 信 大臣官房審議官(官房担当) 笹川 武 大臣官房審議官(官房担当) (併) 彦谷 直克 大臣官房審議官(官房担当) (併) 渡邉 清 大臣官房審議官(官房担当) (併) 野原 諭 大臣官房審議官(官房担当) (併) 酒田 元洋 大臣官房審議官(官房担当) (併) 増島 稔 大臣官房審議官(官房担当) (併) 吉田 幸三 大臣官房審議官(官房担当) (併) 三上 明輝 大臣官房審議官(公文書監察担当) (併) 小林 真一郎 大臣官房審議官(拉致被害者等支援担当) (併) 岡本 宰 総務課長 原 典久 参事官(総務課担当) (併) 菅 豪 参事官(総務課担当) (併) 尾原 知明 参事官(総務課担当) (併) 菅原 強 参事官(総務課担当) (併) 馬場 純郎 参事官(総務課担当) (併) 中嶋 護 参事官(総務課担当) (併) 黒井 哲也 参事官(総務課担当) (併) 茂呂 賢吾 参事官(総務課担当) (併) 畠山 貴晃 管理室長 (併) 田中 宏和 梶山国務大臣秘書官事務取扱 (命) 若林 伸佳 小泉国務大臣秘書官事務取扱 (命) 相澤 寛史 小泉国務大臣秘書官事務取扱 (命) 澤田 智宏 加藤国務大臣秘書官 加藤 則和 加藤国務大臣秘書官事務取扱 (命) 南 順子 小此木国務大臣秘書官事務取扱 (命) 西川 洋祐 河野国務大臣秘書官 盛 純二 河野国務大臣秘書官事務取扱 (命) 吉中 孝 河野国務大臣秘書官事務取扱 (命) 橋爪 孝明 河野国務大臣秘書官事務取扱 (命) 山崎 光輝 坂本国務大臣秘書官 山室 絢 坂本国務大臣秘書官事務取扱 (命) 村上 耕司 坂本国務大臣秘書官事務取扱 (命) 櫻井 理寛 西村国務大臣秘書官 平野 勝敏 西村国務大臣秘書官事務取扱 (命) 岡野 武司 西村国務大臣秘書官事務取扱 (命) 寺﨑 寛之 西村国務大臣秘書官事務取扱 (命) 日野 力 西村国務大臣秘書官事務取扱 (命) 石川 浩 平井国務大臣秘書官 寺井 慶 平井国務大臣秘書官事務取扱 (命) 柴山 豊樹 平井国務大臣秘書官事務取扱 (命) 小山 里沙 橋本国務大臣秘書官事務取扱 (命) 中原 茂仁 井上国務大臣秘書官 臼井 悠人 井上国務大臣秘書官事務取扱 (命) 山田 哲也 井上国務大臣秘書官事務取扱 (命) 積田 北辰 井上国務大臣秘書官事務取扱 (命) 平井 滋 人事課長 吉岡 秀弥 参事官(人事課担当) 矢作 修己 会計課長 齊藤 馨 参事官(会計課担当) 金子 昇一 参事官(会計課担当) (併) 山本 元一 企画調整課長 尾原 知明 参事官(企画調整課担当) 北村 朋生 参事官(企画調整課担当) (併) 山影 雅良 参事官(企画調整課担当) (併) 堀金 真理 参事官(企画調整課担当) (併) 尾﨑 真美子 参事官(企画調整課担当) (併) 岡本 信一 参事官(拉致被害者等支援担当) (併) 野村 政樹 合理的根拠政策立案推進室長 (併) 尾原 知明 政策評価広報課長 笹川 敬 参事官(政策評価広報課担当) (併) 菅原 強 参事官(政策評価広報課担当) (併) 茂呂 賢吾 公文書管理課長 杉田 和暁 参事官(公文書管理課担当) (併) 小八木 大成 政府広報室長 田中 愛智朗 参事官(政府広報室担当) 加藤 喜仁 参事官(政府広報室担当) 久津摩 敏生 参事官(政府広報室担当) 小山内 司 参事官(政府広報室担当) (併) 大森 崇利 参事官(政府広報室担当) (併) 竹中 一人 参事官(政府広報室担当) (併) 角野 浩之 参事官(政府広報室担当) (併) 久保 大輔 参事官(政府広報室担当) (併) 松本 好一朗 厚生管理官 吉田 勝夫 サイバーセキュリティ・情報化推進室長 (併) 高橋 敏明 拉致被害者等支援担当室長 (併) 野村 政樹 番号制度担当室長 (併) 向井 治紀 番号制度担当室次長 (併) 冨安 泰一郎 参事官(番号制度担当) 兼番号制度担当室参事官 高木 有生 番号制度担当室参事官 (併) 上仮屋 尚 番号制度担当室参事官 (併) 前 健一 番号制度担当室参事官 (併) 笹野 健 番号制度担当室参事官 (併) 淺岡 孝充 消費税価格転嫁等相談対応室長 (併) 安東 隆 消費税価格転嫁等相談対応室参事官 (併) 松山 清人 消費税価格転嫁等相談対応室参事官 (併) 河野 琢次郎 政策統括官(経済財政運営担当) 林 幸宏 大臣官房審議官(経済財政運営担当) 村瀬 佳史 大臣官房審議官(経済財政運営担当) 北波 孝 大臣官房審議官(経済財政運営担当) 茨木 秀行 大臣官房審議官(経済財政運営担当) (併) 阿部 知明 大臣官房審議官(経済財政運営担当) (併) 海老原 諭 参事官(総括担当) 茂呂 賢吾 参事官(総括担当) (併) 北尾 昌也 参事官(総括担当) (併) 藤山 智博 参事官(総括担当) (併) 井上 誠一郎 参事官(総括担当) (併) 水野 敦志 参事官(総括担当) (併) 姫野 泰啓 参事官(総括担当) (併) 関口 祐司 参事官(経済対策・金融担当) 多田 洋介 参事官(企画担当) (併) 小川 敦之 参事官(経済見通し担当) 小川 敦之 参事官(産業・雇用担当) 井上 誠一郎 参事官(産業・雇用担当) (併) 木尾 修文 参事官(産業・雇用担当) (併) 佐藤 弘毅 参事官(産業・雇用担当) (併) 北尾 昌也 参事官(産業・雇用担当) (併) 和田 康紀 参事官(産業・雇用担当) (併) 北村 朋生 参事官(予算編成基本方針担当) 北尾 昌也 参事官(国際経済担当) 田中 茂樹 参事官(地域経済活性化支援機構担当) (併) 新発田 龍史 政府調達苦情処理対策室長 (併) 村瀬 佳史 政府調達苦情処理対策室次長 (併) 北尾 昌也 対日直接投資推進室長 (併) 村瀬 佳史 対日直接投資推進室次長 (併) 井上 誠一郎 経済財政国際室長 (併) 籠宮 信雄 経済財政国際室次長 (併) 茨木 秀行 経済財政国際室参事官 (併) 上野 有子 経済財政国際室参事官 (併) 田中 茂樹 道州制特区担当室長 (併) 宮地 俊明 道州制特区担当室参事官 (併) 北尾 昌也 地域経済活性化支援機構担当室室長 (併) 石田 晋也 地域経済活性化支援機構担当室次長 (併) 尾﨑 有 地域経済活性化支援機構担当室次長 (併) 新発田 龍史 地域経済活性化支援機構担当室次長 (併) 加藤 博紀 地域経済活性化支援機構担当室参事官 (併) 島崎 征夫 地域経済活性化支援機構担当室参事官 (併) 足達 雅英 地域経済活性化支援機構担当室参事官 (併) 北尾 昌也 プレミアム付商品券事業担当室室長 (併) 井上 裕之 プレミアム付商品券事業担当室次長 (併) 寺岡 光博 プレミアム付商品券事業担当室次長 (併) 阿部 知明 プレミアム付商品券事業担当室次長 (併) 宇波 弘貴 プレミアム付商品券事業担当室次長 (併) 岩井 勝弘 プレミアム付商品券事業担当室参事官 (併) 北尾 昌也 プレミアム付商品券事業担当室参事官 (併) 藤山 智博 プレミアム付商品券事業担当室参事官 (併) 井上 誠一郎 プレミアム付商品券事業担当室参事官 (併) 水野 敦志 プレミアム付商品券事業担当室参事官 (併) 姫野 泰啓 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室長 (併) 林 幸宏 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室次長 (併) 村瀬 佳史 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室次長 (併) 三富 則江 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室次長 (併) 海老原 諭 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室参事官 (併) 井上 誠一郎 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室参事官 (併) 和田 康紀 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室参事官 (併) 北尾 昌也 地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室参事官 (併) 北村 朋生 政策統括官(経済社会システム担当) 井上 裕之 大臣官房審議官(経済社会システム担当) 松本 貴久 大臣官房審議官(経済社会システム担当) 海老原 諭 大臣官房審議官(経済社会システム担当) 北波 孝 大臣官房審議官(経済社会システム担当) 茨木 秀行 大臣官房審議官(経済社会システム担当) 黒田 岳士 大臣官房審議官(経済社会システム担当) (併) 渡部 良一 大臣官房審議官(経済社会システム担当) (併) 野村 裕 参事官(総括担当) 中澤 信吾 参事官(総括担当) (併) 波々伯部 信彦 参事官(企画担当) 水田 豊 参事官(企画担当) (併) 角田 リサ 参事官(社会システム担当) 川野 宇宏 参事官(社会システム担当) (併) 髙田 行紀 参事官(社会基盤担当) (併) 小林 正典 参事官(市場システム担当) 川村 尚永 参事官(市場システム担当) (併) 長瀬 正明 参事官(市場システム担当) (併) 天田 弘人 参事官(市場システム担当) (併) 髙田 行紀 参事官(市場システム担当) (併) 吉岡 正嗣 参事官(市場システム担当) (併) 大野 卓 参事官(財政運営基本担当) 小平 武史 参事官(共助社会づくり推進担当) 松下 美帆 参事官(民間資金等活用事業・成果連動型事業推進担当) 石田 直美 民間資金等活用事業推進室長 (併) 松本 貴久 民間資金等活用事業推進室参事官 (併) 波々伯部 信彦 民間資金等活用事業推進室参事官 (併) 石田 直美 規制改革推進室長 (併) 井上 裕之 規制改革推進室次長 (併) 彦谷 直克 規制改革推進室次長 (併) 山西 雅一郎 規制改革推進室次長 (併) 渡部 良一 規制改革推進室次長 (併) 黒田 岳士 規制改革推進室参事官 (併) 長瀬 正明 規制改革推進室参事官 (併) 川村 尚永 規制改革推進室参事官 (併) 天田 弘人 規制改革推進室参事官 (併) 吉岡 正嗣 規制改革推進室参事官 (併) 大野 卓 休眠預金等活用担当室室長 (併) 海老原 諭 休眠預金等活用担当室参事官 (併) 松下 美帆 成果連動型事業推進室長 (併) 松本 貴久 成果連動型事業推進室参事官 (併) 石田 直美 特定非営利活動法人に係る持続化給付金事前確認連絡調整室長 (併) 井上 裕之 特定非営利活動法人に係る持続化給付金事前確認連絡調整室長代理 (併) 海老原 諭 特定非営利活動法人に係る持続化給付金事前確認連絡調整室参事官 (併) 小平 武史 特定非営利活動法人に係る持続化給付金事前確認連絡調整室参事官 (併) 中澤 信吾 政策統括官(経済財政分析担当) 籠宮 信雄 大臣官房審議官(経済財政分析担当) 村山 裕 大臣官房審議官(経済財政分析担当) 笹川 武 大臣官房審議官(経済財政分析担当) (併) 山西 雅一郎 参事官(総括担当) 堤 雅彦 参事官(企画担当) 石井 達也 参事官(企画担当) (併) 堤 雅彦 参事官(地域担当) 澤井 景子 参事官(海外担当) 上野 有子 計量分析室長 (併) 茨木 秀行 計量分析室参事官事務代理 (命) 加藤 卓生 地方創生推進室長 (併) 眞鍋 純 地方創生推進室室長代理 (併) 山西 雅一郎 地方創生推進室次長 (併) 谷内 繁 地方創生推進室次長 (併) 佐藤 朋哉 地方創生推進室次長 (併) 菅家 秀人 地方創生推進室次長 (併) 茂木 正 地方創生推進室次長 (併) 長谷川 周夫 地方創生推進室次長 (併) 彦谷 直克 地方創生推進室次長 (併) 白石 隆夫 地方創生推進室次長 (併) 新井 孝雄 地方創生推進室次長 (併) 鎌田 篤 地方創生推進室次長 (併) 志野 光子 地方創生推進室次長 (併) 北村 知久 地方創生推進室次長 (併) 桜町 道雄 地方創生推進室次長 (併) 行松 泰弘 地方創生推進室次長 (併) 北浦 修敏 地方創生推進室次長 (併) 吉添 圭介 地方創生推進室次長 (併) 武井 佐代里 地方創生推進室参事官 (併) 沓掛 誠 地方創生推進室参事官 (併) 野村 栄悟 地方創生推進室参事官 (併) 関根 達郎 地方創生推進室参事官 (併) 秋田 未樹 地方創生推進室参事官 (併) 澤飯 敦 地方創生推進室参事官 (併) 喜多 功彦 地方創生推進室参事官 (併) 北廣 雅之 地方創生推進室参事官 (併) 桑田 龍太郎 地方創生推進室参事官 (併) 光安 達也 地方創生推進室参事官 (併) 西岡 隆 地方創生推進室参事官 (併) 尾田 進 地方創生推進室参事官 (併) 八幡 道典 地方創生推進室参事官 (併) 増田 裕一郎 地方創生推進室参事官 (併) 得田 啓史 地方創生推進室参事官 (併) 黒田 紀幸 地方創生推進室参事官 (併) 波々伯部 信彦 地方創生推進室参事官 (併) 田中 昇治 地方創生推進室参事官 (併) 木村 直樹 地方創生推進室参事官 (併) 髙鹿 秀明 地方創生推進室参事官 (併) 原田 浩一 地方創生推進室参事官 (併) 髙橋 良明 地方創生推進室参事官 (併) 川瀬 和広 地方創生推進室参事官 (併) 山下 洋 地方創生推進室参事官 (併) 伊藤 史恵 地方創生推進室参事官 (併) 杉山 一弘 地方創生推進室参事官 (併) 森本 励 地方創生推進室参事官 (併) 原田 修吾 地方創生推進室参事官 (併) 小林 太郎 地方創生推進室参事官 (併) 三嶋 英一 地方創生推進室参事官 (併) 竹内 聡 政策統括官(科学技術・イノベーション担当) 柳 孝 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当) 覺道 崇文 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当) 髙原 勇 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当) 千原 由幸 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当) (併) 堀内 義規 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当) (併) 飯田 祐二 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当) (併) 柿田 恭良 大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当) (併) 佐藤 文一 参事官(総括担当) 清浦 隆 参事官(国際担当) (併) 吉田 宏平 参事官(国際担当) (併) 北郷 太郎 参事官(課題実施担当) (併) 井上 慶司 参事官(課題実施担当) (併) 村上 聡 参事官(課題実施担当) (併) 古賀 康之 参事官(課題実施担当) (併) 髙澤 哲也 参事官(課題実施担当) (併) 森戸 義貴 参事官(課題実施担当) (併) 長谷部 和久 参事官(課題実施担当) (併) 岩間 浩 参事官(課題実施担当) (併) 栁島 智 参事官(課題実施担当) (併) 殿木 文明 参事官(課題実施担当) (併) 佐々木 昌弘 参事官(課題実施担当) (併) 田淵 エルガ 参事官(課題実施担当) (併) 吉田 健一郎 参事官(課題実施担当) (併) 平井 淳生 参事官(課題実施担当) (併) 田中 哲也 参事官(課題実施担当) (併) 佐々木 亨 参事官(課題実施担当) (併) 合田 哲雄 参事官(課題実施担当) (併) 黒澤 弘義 参事官(課題実施担当) (併) 矢崎 剛吉 参事官(課題実施担当) (併) 高村 信 参事官(課題実施担当) (併) 橋爪 淳 参事官(課題実施担当) (併) 北郷 太郎 参事官(課題実施担当) (併) 森 幸子 参事官(課題実施担当) (併) 山下 恭範 参事官(戦略的イノベーション創造プログラム担当) (併) 垣見 直彦 参事官(オープンイノベーション担当) 植木 誠 参事官(オープンイノベーション担当) (併) 斉藤 卓也 参事官(研究環境担当) (併) 堀野 昌三 参事官(研究環境担当) (併) 山下 恭範 参事官(研究環境担当) (併) 渡辺 栄二 参事官(未来革新研究推進担当) 河合 亮子 参事官(未来革新研究推進担当) (併) 仙波 秀志 参事官(大学改革担当) (併) 垣見 直彦 参事官(大学改革担当) (併) 渡邉 倫子 参事官(エビデンス担当) 宮本 岩男 参事官(エビデンス担当) (併) 山田 広明 参事官(エビデンス担当) (併) 塩田 剛志 参事官事務代理(エビデンス担当) (命) 赤池 伸一 参事官(統合戦略担当) (併) 永井 岳彦 参事官(統合戦略担当) (併) 村上 聡 参事官(統合戦略担当) (併) 星野 利彦 参事官事務代理(統合戦略担当) (命) 赤池 伸一 参事官(事業推進総括担当) (併) 垣見 直彦 参事官(事業推進総括担当). (CCRC)• 小さな拠点・地域運営組織の推進• さらに、外国人医師の地方での診療の解禁の特例を利用して、を対象とした診療と、地元のでの療養を組み合わせた、の拡充を目指している。

内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

🙂 07程度に上昇した場合の人口の推移予測。 政府はこれに対応して 、1000億円規模の「地方創生加速化交付金」を2015年度の補正予算に組み込んだ。 希望である1. 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 漁業生産組合の設立や維持の要件人数の緩和 (の特例 )• 長期ビジョン(中長期の展望)• をもとに編集 『内閣府地方創生推進室』2015年12月26日閲覧• 第二十四条の四『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 第二十九条、第五十七条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• また、国家戦略特区の制度を利用した特区の中で、地方創生を目的とした「 地方創生特区」があり、更にその一つの形として 、、、、などの新技術を実証する領域を確保し、新たな商品・に関するの喚起をコンセプトにした、「 近未来技術実証特区」がある。

『リセマム』2015年10月22日• また、完全自動運転(運転手がいない状態。

幹部名簿 : 組織・業務の概要

⌛ 地方創生に資する魅力ある地方大学の実現• 地域活性化プラットフォーム• 地方自治体におけるSDGsの達成に向けた取組と、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じた、より一層の地方創生に向けて、地方自治体及び地域経済に新たな付加価値を生み出す企業、専門性をもったNGO・NPO、大学・研究機関等の広範なステークホルダーとのパートナーシップの深化、官民連携の推進を図るため、「環境未来都市」構想推進協議会を発展的に改組し、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」を発足することとなりました。 国際戦略総合特区の特例• 地方創生人材支援制度 [ ] の補佐役として、国家公務員や大学の研究者、民間の人材などを派遣し、地方創生に意欲のある市町村の総合戦略の施策の推進を支援する制度。 52頁『まち・ひと・しごと創生本部>関係法令・閣議決定等』2015年12月26日閲覧• に行われたで、石破が地方創生担当のに就任、平と小泉が退任し、新たに副大臣に、政務官にが就任。

8
『日本経済新聞』2015年10月8日• 全部移転 移転機関 備考 東京事務所 移転(2015年) 一部移転(研究機関等) 移転機関 都道府県 備考 ・ 連携拠点の設置、地方拠点の拡充 のメタボローム研究分野の研究拠点の設置 ・ 研究の連携拠点の設置等 新日本海水産振興センターの設立協力 山口連携室の設置(2017年) におけるロボットテストフィールド、国際産学連携拠点の設置 ・ 研究連携に向けた協議会の設置等 ・ 中部センター石川サイト、福井サイトの設置(2016年) 産総研・名大窒化物半導体先進デバイスオープンイノベーションラボラトリの設置(2016年) 産総研・九大水素材料強度ラボラトリの設置(2017年) 分野での研究連携拠点の設置 石川県 北陸ICT連携拠点の設置(2016年) 地方拠点の機能拡充、研究連携体制の構築 福井県 育種研究連携拠点の設置 科学技術ハブ推進本部関西拠点の設置(2016年) 京都府・広島県・福岡県 研究連携拠点の設置 等 愛知県・・ 連携拠点の設置、地方拠点の拡充 鳥取ナシ育種研究サイトの設置(2017年) 分室の設置(2017年) 技術力強化を図るための連携拠点の設置 山口県 西日本衛星防災利用研究センターの設置(2017年) 艦艇装備研究所 山口県 岩国海洋環境試験評価サテライトの設置 一部移転(研修機関等) 移転機関 都道府県 備考 ・富山県・福井県・ 研修の実施 富山県 北陸支部、アジア医薬品・医療機器トレーニングセンター研修所の設置(2016年) 石川県 工芸館の移転(2020年) 宇宙教育活動における連携 森林調査研修、森林立地研修の実施 岐阜県・ 木材産業・木材利用研修の実施 ・岡山県 体育学校の合宿の実地 鳥取県 基盤整備センター高度訓練開発室の移転 島根県 の行政官等を対象とした青年研修等の研修機能の一部移転 福岡県 北九州研修事業事務局の設置(2016年) 水俣研修事業事務局の設置(2017年) 「日本語パートナーズ事業」に係る一部機能の移転による研修拠点の設置 中央省庁の移転 移転機関 都道府県 備考 文化庁・・・ 京都府 の設置(2017年) ・・ 消費者行政新未来創造オフィスの設置(2017年)、新未来創造戦略本部への再編(2020年) ・ 統計データ利活用センターの設置(2018年) ・ 大阪府 工業所有権情報・研修館の近畿統括拠点の設置(2017年) 大阪府 中小企業政策調査課の設置(2017年) ・兵庫県 観光ビジョン推進地方ブロック戦略会議の発足 津地方気象台と研究会の共同設置 特区の活用 [ ]• 起業・開業・雇用• 保育・教育・社会福祉• 関西圏(・・)• をもとに編集『内閣府地方創生推進室』2015年12月26日閲覧• を面積などの要件にかかわらず、企業やNPO法人の施設に転用の可能化や、地方に本社機能を移した企業への税制優遇措置などの規制緩和 、観光客の誘致、道路や港のインフラ整備などの事業に対して、補助金で支援などの施策を行うほか 、を交付されていない一部の自治体以外の対象事業に、企業が寄付をした場合、約3割の算入と、最大で3割のを合わせて、寄付額の約6割が減税の対象となる「地方創生応援税制( ) 」。

幹部名簿 : 組織・業務の概要

👇 起業直後の企業の人材確保を支援するため、が企業に転職したのち、再び国家公務員となった場合のの配慮 (の特例 )• データ分析・総合戦略の検討、事業化・事業推進、官民の連携などを学ぶ基盤編と、総合戦略の事業化、資金調達の各種手法、地域産業の振興などを学ぶ総合プロデューサー、観光・、地域商社、などについて学ぶ分野別プロデューサー、住民自治や交流について学ぶ地域コミュニティーリーダーの3種類の専門編がある。 『日本経済新聞』2015年9月9日• 第二十八条の三『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 『島根県川本町』2016年12月26日閲覧• 第十八条、第十九条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 『首相官邸』2016年8月20日閲覧• 、地方創生担当として、に、に、に、にが就任。 補助金などの処分の制限に係る承認の手続きの特例• の理事長に、医師でなくても就任可能に (医療法の特例 )• ソーシャルプロダクツは、「企業課題の解決」と「社会課題の解決」の両立を目指すものであり、事業・商品・サービスを通したSDGsの達成に他なりません。

2
『朝日新聞デジタル』2015年4月22日• 第十五条、第十六条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 『まち・ひと・しごと創生本部』2016年12月24日閲覧• をもとに編集『首相官邸』2014年9月3日• の優遇措置などの課税の特例の適用 (の適用 )• すなわち、ESGに配慮しながら業績を出し、商品の背景に社会課題の解決を通したストーリーを産み出す、これからの企業経営・商品開発のあり方なのです。

地方創生

🙃 第十四条の三『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 農業用の自動車の車検の有効期間を一年伸長 (の特例 )• 『日本経済新聞』2015年5月6日• 第十三条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 34 ~ 37 事例09 地域の利便性の向上 八王子市(東京都) P. 第二十条の二をもとに編集『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 同年、国の総合戦略の改訂が閣議決定。 千葉県千葉市のでは、東京湾臨海部の物流拠点に近く、高層マンションが多いという特徴を利用して、マンション各戸のベランダにドローンで直接配送を目指しているほか、特区内の薬局から各住居へ処方箋を届けるサービスも実施予定。

18
1兆円)• 中心市街地活性化 [ ] 中央市街地の都市機能や経済活動の活性化を、少子高齢化、消費生活などの社会環境の変化に応じて支援する制度。 地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて 内閣府では、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、地方創生SDGs官民連携プラットフォームを設置しています。

内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

😩 では、農業生産法人の設立の要件緩和を利用して、大手などの事業者が農業に参入している。 外部リンク [ ]• 国の総合戦略の具体的な目標や展望については以下のとおり。 『産経ニュース』2015年4月3日• 『朝日新聞デジタル』2015年12月30日• 神奈川県では、外国人による家事代行サービスを解禁予定。

3
『まち・ひと・しごと創生本部Facebookページ』2016年11月11日• 『産経ニュース』2014年12月3日• 外国人による起業の要件の緩和や 、家事代行サービスの解禁 (の特例 )• をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部』2016年5月2日閲覧• をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部>関係法令・閣議決定等』2015年12月26日閲覧• をもとに編集『内閣府地方創生推進室』2015年12月26日閲覧• 内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画しました• 1万人)• 企業などの農業への参入の要件の緩和 (等の特例 、現在は全国展開 )• その他会議・資料• をもとに編集『首相官邸>国家戦略特区』2015年12月26日閲覧• 通常、が必要なを、地方自治体の研修の修了で可能に (の特例 )• 6 ~ 9 事例02 医療・福祉の充実 萩市(山口県) P. 第十四条の二『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部>施策等>小さな拠点の形成』2016年12月26日閲覧• 同年に行われたで、政務三役全員が退任し、新たに大臣に、副大臣に、政務官にが就任。