「三々五々」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

😒 こちらの記事もおすすめ. 言葉も音楽と同じで、リズムが大切なのですね。

「三々五々」には、吉数「三三」の意味はない(例:三々九度) 古来から日本では「三」が吉数とされており、それを重ねた「三三」は縁起の良い言葉であるとして、結婚式における儀式の「三々九度」などにも「三々」が使われています。 この「三五」は夏目漱石や万葉集などでも用いられています。

花鳥風月(かちょうふうげつ)とは何? Weblio辞書

💖 「三々五々」の言葉の使い方 「三々五々」という言葉は、どのような場面で、どのように使えばいいか、分からないという人もいるでしょう。 ちらほらも「三々五々」と同様に副詞であり、「ちらほらと」と使われることが多くなっています。 3:「勢揃い」 「勢揃い」は、「多くの人が一ヶ所に集まること」という意味。

まちまち• まず「三」は「二つの対立に属さない」といった意味合いがあることから、「三個一組の概念」というものがあります。

そうだったの?「三々五々(さんさんごご)」の意味・由来・使い方とは? 類語についても知っておこう

🚀 「三々五々」の意味と語源 「三々五々」の意味 まずは意味の前に「三々五々」の読み方ですが 「さんさんごご」 と読みます。 三々五々の使い方・例文 例文1. 「三五」とは、「あちらに三つ、こちらに五つとかたまってある」ということをたとえて「ところどころに散らばる」という意味。

4
きちんと集合時間を決めていないときに、なんとなくみんながだいたい同じくらいの時間に集合してくる様子を「三々五々」と表します。

三々五々の意味!使い方は?例文もチェック!

✆ 飲み会の集合や解散時に「三々五々、集まる」「三々五々、帰る」と使います。 「3〜5人」といった人数の指定もなく、人が途切れながら集まってくる様子を表します。

天皇などの葬儀をより敬って言う場合に「御大葬」を用います。

「三々五々」の意味と語源とは?使い方や類語・英語表現も紹介

🐲 この「即位の礼」と「大嘗祭」と一連の儀式を合わせて「御大典(ごたいてん)」「御大礼(ごたいれい)」と称されています。

結婚式の儀式である「三々九度」は、縁起の良い数字である「三」を重ねて、おめでたい意味として「三々」を用いています。 さらに「五」は「五体」「五指」「五感」「五臓」など「五個一組の概念」は人と深い関わりがあります。

「三々五々」とは?意味や語源、使い方の例文【英語・類義語】

🤚 やはり、「三々五々」という言葉は類義語も繰り返しのある語なのですね。 意味は「高い得を積んでいる長老のこと」です。

「思い思いの時間に集まってきた」と言う場合は、それぞれが都合の良い時間に集まったという意味になるため、「三々五々集まる」に近い意味を持ちます。

三々五々の意味とは?使い方や例文・語源を解説

💔 スポンサーリンク 三々五々の使い方・例文 では、最後に「三々五々」の使い方を 例文で確認しておきましょう。 バラバラ、ちらほら等。

学生時代は屋上から、皆が三々五々帰る姿を眺めるのが好きだった。

「御大」の意味と読み方、使い方、例文、類語、英語表現を解説

✊ 「イベントが終了したので集まった人たちは三々五々帰宅していった」• みんなが駅に向かって三々五々帰る中、一人チャリで帰る寂しさたるや。

10
花鳥風月とそのとの間には、があるかについて、例としてについてしていく。 頭の片隅に置いておいてくださいね。