木村拓哉が警察学校を取材、リアル“教場”の過酷訓練に「これはきついぜ」

👇 敬礼時の腕の角度やお辞儀する時の角度、歩く時の腕の振りの角度などはすべて細かく決まっており、うまくできないと教官たちから容赦なく罵声を浴びせかけられました。 係長任用科 係長級(警部補相当職)に昇進した事務吏員・技術吏員に対して行われる教養(約2週間)• 7,外出・外泊について 平成30年頃では、入校して1ヶ月間は、外出・外泊は許されていません。

1
警察学校の教官は 「実は優しい人」が多く、教官という立場であることから無理をして怒っている人がほとんどです。

ついに始まる警察学校 入校当日②(ついに対面!警察学校の教官)|元警察官👮‍♂️ケイ|note

☏ 警察官の仕事には「相手を思いやる心」と「優しさ」が不可欠です。 4,警察学校内の活動について 班 警察学校に入校した際は、教育学校と同じようにクラス分けされており、1班、2班…や(教官名)教場と呼んで区別されています。

私がいたころは共同の大部屋でしたが、今は全国的に個室の割合が多いようです。

元警察官が考察する!今でも警察学校で、教官による暴力&パワハラ&退職強要は存在するのか!?

😙 事実、わたしの同期同クラスの人間も、クラスの約1/3が卒業までに泣きじゃくってしまうほどの退職強要をされています。 多くの人が集まる広い場所でもマイクを使うことはありません。 教官であろう二人のうち、一人は30代後半くらい、もう一人は40代後半くらいの人でした。

制服をまとった瞬間から、一人の警察官。

教官からのメッセージ/茨城県警察|採用案内

😉 勘違いしないようにね! もう一度言います。 今はわかりませんが、当時は、金使いが荒いか確認するため通帳のコピーを提出させられました。

警察学校の教官と学生は、「上司と部下」の関係に相当します。

警察学校についてのFAQ|都道府県警察官採用案内

🤝 教場の正担当、副担当の2名が着校から入校式までの間、挨拶や敬礼の仕方など、基本動作を教え込む。 まれに警察学校は天国と言っている人もいますが、一般的な環境で過ごしてきた人には厳しい地獄のようなところと言えます。 その時代は中学・高校ですら「体罰」って言う言葉が甘く見られていて、先生様は絶対という時代でしたから、教師でさえ生徒に暴力を振るっていました。

体力をつけるのはもちろんですが、体を動かすことに慣れておくことが非常に重要です。 そのため、厳しいようですが 規律を守れない人間は排除しようという考えに至るのです。

ついに始まる警察学校 入校当日②(ついに対面!警察学校の教官)|元警察官👮‍♂️ケイ|note

🌏 しかし教官を見るとその目線がとらえているのは私ではありませんでした。

2
今はもう、警察学校で暴力は存在しません。