退職者の配偶者 3号資格喪失届等事務手続きについて

😂 資格喪失届は必ず、正副二部作成して提出しましょう。 なお、健康保険が全国健康保険協会(協会けんぽ)のものではなく、健康保険組合のものである場合には、その健康保険組合にも提出する必要があります。

保険証の返却について 被保険者もしくは被扶養者の資格を喪失したとき(退職後、任意継続資格喪失後)は、保険証・高齢受給者証を返却してください。

「健康保険資格喪失届」の知識まとめ!必要書類と記入方法を全紹介

🚒 70歳以上の雇用者は厚生年金保険の資格喪失処理及び70歳以上被用者該当処理が自動で行われます(平成31年4月に70歳以上の厚生年金保険に関わる「厚生年金保険被保険者資格喪失届 70歳以上被用者該当届」の提出が不要となりました)。

3
適用事業所の被保険者となった日(の提出が必要)• この違いが生じる理由は、医療保険である健康保険と後期高齢者医療制度は引き続く必要があり、誕生日の当日となります。 被保険者資格を喪失した時には、すみやかに被保険者証を返納してください。

被保険者の資格

😭 継続雇用制度とは 継続雇用制度とは、定年年齢を65歳未満としている事業主が高年齢者従業員の希望に応じて、定年後も引き続き雇用を続ける再雇用制度です。 任意継続被保険者の保険料 a.保険料の納付期限• 一方、対象となる従業員が、組合管掌健康保険(通称、「組合健保」)の被保険者の場合には、「健康保険被保険者証」は健保組合に返却することになりますので、年金事務所での手続きに必要な付書類はありません。

20
万が一、紛失等によって回収ができない場合は、「」の添付も必要です。

資格の喪失について

🌭 【参考】電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ 直接ハローワーク窓口に行くことができない、一度に多くの従業員の申請をしなければならない場合は、オンライン申請の利用がおすすめです。

11
被保険者が株式会社(特例有限会社を含む)役員の場合は、株主総会の議事録または役員変更登記の記載がある登記簿謄本の写しなどの事実発生日の確認ができるものが必要です。 また、該当の事業所で被保険者資格を喪失する前に、ほかの事業所で被保険者となった場合は、その日の時点で被保険者でなくなったことになります。

被保険者の資格

😛 速やかに返却してください。 申出書の内容をご確認いただき、保険証等(ご本人、扶養家族に交付されている保険証、高齢受給者証等すべて)を添付して、協会けんぽ支部にご提出ください。 何らかの理由で被保険者証が回収できない場合は「 健康被保険者証回収不能・紛失届」を別途作成して、添付することが必要となります。

65歳以上75歳未満の一定の障害のある方が加入しようとするときは、お住まいの市(区)町村へお問い合わせください。 ・退職後の継続再雇用者の喪失 先に説明したとおりですが、60歳以上で定年などにより退職した者を継続して再雇用した場合のことを言います。

被保険者資格喪失届の書き方(記入例つき)

☝ なお、資格を取得した日と資格を喪失した日が同月の場合は、その月分の保険料が必要となりますので、保険料の還付はありません。

12
従業員が退職する場合には健康保険と厚生年金保険の手続が必要になりますが、事業主は資格喪失届を日本年金機構と加入している健康保険組合に提出をしなければなりません。

被保険者資格喪失届の書き方(記入例つき)

⌚ また、事業所に勤務していた場合と異なり一部の保険給付金は、支給されません。 そのため、従業員が出向先と出向元のどちらの事業主と雇用契約を結んでいるかと、給与バランスの確認が必要です。 賃金台帳• 75歳となり後期高齢者医療に該当し、健康保険の被保険者でなくなる場合には「75歳到達」、65歳以上75歳未満の方で、障害認定によって資格を喪失する場合は「障害認定」をそれぞれ選択します。

14
被保険者資格喪失届の概要 まずは、この被保険者資格喪失届が、どのような場合に提出しなければならないものであるのか、また、提出期限や提出先、添付書類などについて説明します。

会社を退職するとき

😗 国民健康保険に加入する場合は、お住まいの市区町村の国民健康保険担当窓口でお手続きください。 資格喪失日の前日までに継続して2ヶ月以上の被保険者期間があって、資格喪失日から20日以内に「任意継続被保険者資格取得申出書」を提出すれば、任意継続被保険者資格を取得することが可能なので、被保険者から依頼があった場合には、この届出用紙の作成も必要となります。

16
被扶養者に異動があったとき 被扶養者を削除するときは、健康保険被扶養者(異動)届に必要事項を記入のうえ、被保険者証を添えて管轄の全国健康保険協会の都道府県支部へ提出してください。 転職の際に資格喪失届の提出が遅れてしまうと、転職先での健康保険証の交付が遅くなってしまう可能性もありますので、迅速に資格喪失届の手続きを行う必要があります。